2008年3月26日水曜日

Coffee_diet

近頃「Coffee_diet」という言葉をよく耳にします。本当にあのcoffeediet効果があるのでしょうか。
coffeeに含まれているカフェインは、体内の脂肪を分解してそれを血液中に送り込む働きを持っています。
カフェインはまず摂取されると交換神経を活発にさせ、ノルアドレナリンを分泌させることにより、褐色脂肪細胞が刺激されるという仕組みです。
このことにより、リパーゼという物質が生み出され、体内に蓄積した脂肪が分解し、脂肪酸となって血中に流れ込むのです。
カフェインのこんな作用を取り入れることで生まれたのが、この「Coffee_diet」なのです。ただし、coffeeの効能は脂肪をつきにくくするということに限られています。
飲んでいるだけで痩せるというわけではありません。
coffeeの力を借りながら脂肪の燃焼を助け、今より少しでも太りにくい体にしようというのがこのdietの論理なのです。
カフェインの力によって日常のちょっとした運動でも今までとはちがった効果が期待できるというわけです。
脂肪を燃焼するようなウォーキングなどの軽い運動とCoffee_dietの組み合わせで効率よく痩せることを目標にすると良いでしょう。
こんなに身近で手ごろな飲み物であるcoffeeですから、dietとして用いるにはまさにうってつけのものといえるでしょう。

0 件のコメント: